1. ホーム
  2. 食の改革
  3. オールデイ ビュッフェダイニング「サーフサイド カフェ」
サーフサイド・カフェ
ビュッフェレストラン サーフサイド・カフェ

ビュッフェ料理は、
迷うほどに美味になる。
選ぶ、楽しさ、サーフサイドカフェ。
オールデイ ビュッフェダイニング 「サーフサイド カフェ」が、
「家族で選んで楽しむ」をコンセプトにメニューを刷新しました。
シェフのライブカウンターも一新。県内でも珍しい迫力のトマホークステーキがメニュー入り。
季節の果物を使ったスイーツコーナーも充実。
料金もリーズナブルになりさらに利用しやすくなりました。コストパフォーマンスの高さには自信があります。

  • サーフサイド・カフェ
  • サーフサイド・カフェ
  • サーフサイド・カフェ
  • サーフサイド・カフェ
  • サーフサイド・カフェ
  • サーフサイド・カフェ
  • サーフサイド・カフェ
  • サーフサイド・カフェ

「料理はお客様の笑顔のために」

入社以来オクマで25年間勤務しています。今回の「食の改革」にはこれまでにない新しいレストランを作る意気込みで取り組みました。お客さまの「笑顔」が見たい。料理を選んでいるときのお客様の「笑顔」と食べた後のお客様の「笑顔」が私の励みになっています。これからも料理を通して感動を伝えていきたいと思っています。オクマで食べた料理の味を忘れられない思い出として持ち帰っていただくために。

副総料理長 平良和彦

プロフィール

1965年沖縄県生まれ
1985年鎌倉のフレンチ料理レストラン入社
1990年南海サウスタワーホテル大阪入社 イタリアン、宴会部門を経験
1993年JALプライベートリゾートオクマ(現オクマ プライベートビーチ&リゾート)入社
それまで培ったフレンチ、イタリアン、宴会、創作料理を手掛け中核のシェフとして腕を振るう
2018年7月副総料理長就任 「食の改革」プロジェクトを手掛ける。
盛本宏総料理長の片腕となりホテルレストラン部門の指揮を執る
食の改革

プロフィール

1965年沖縄県生まれ
1985年鎌倉のフレンチ料理レストラン入社
1990年南海サウスタワーホテル大阪入社 イタリアン、宴会部門を経験
1993年JALプライベートリゾートオクマ(現オクマ プライベートビーチ&リゾート)入社
それまで培ったフレンチ、イタリアン、宴会、創作料理を手掛け中核のシェフとして腕を振るう
2018年7月副総料理長就任 「食の改革」プロジェクトを手掛ける。
盛本宏総料理長の片腕となりホテルレストラン部門の指揮を執る

NEW
シェフのライブカウンター
(Chef's Live Counter)
「迷いは禁物。振り向かずシェフの
ライブカウンターへ急げ!」
新しいビュッフェの目玉は、シェフのライブカウンター。
ボリュームと迫力満点の「トマホークステーキ」が新メニューに加わりました。
ジューシーなローストビーフと合わせて、上質なお肉をシェフがお一人、お一人にサーブいたします。
厚切りなので薄切りが好みの方はおっしゃってくださいね。

  • トマホーク網焼きステーキ
  • トマホーク網焼きステーキ
  • トマホーク網焼きステーキ

ワイルドなフォルムに
心ときめく
「トマホーク網焼きステーキ」

県内でも珍しい「トマホークステーキ」が登場。トマホークとは斧のこと。ステーキ好きにはたまらない、肩ロースとサーロインの中間のリブアイを骨付きのままカットしています。赤身と脂身を楽しめます。子供のころに漫画でもよく見た骨付きの肉の塊に食欲をかきたてられること間違いなしです。

  • 「10種類の焼き立てパンには、フルーティーなジャムが相性バッチリ」
  • 「10種類の焼き立てパンには、フルーティーなジャムが相性バッチリ」

ホッとする安心感
「アンガス牛ロースのオリジナル
スパイスのローストビーフ」

低温でじっくりと3時間丁寧に焼き上げたオクマ自慢のローストビーフ。シェフから出来立ての美味しさを直接お客さまへお届けします。肉の旨味が詰まった一切れからもジューシーな肉汁が口いっぱいに広がる絶品。4種のソースからお選びください。平良シェフのおススメは粒マスタードソースです。

味の極み!平良シェフ
こだわりの逸品

  • 「山原ハーブ鶏の塩釜包み焼き」
  • 「山原ハーブ鶏の塩釜包み焼き」

白い殻を早く割りたい衝動に駆られる 「山原ハーブ鶏の塩釜包み焼き」

沖縄の塩(島マース)と地元で育った山原(やんばる)ハーブ鶏をハーブを練りこみオーブンで焼き上げた料理です。塩(マース)がほどよく浸み込んだ鶏肉。絶妙な塩加減が肉の旨味をより一層にひきたてます。女性におすすめの逸品です。

  • 「サーモン丸ごとオーブン焼き ハーブの香り」
  • 「サーモン丸ごとオーブン焼き ハーブの香り」

ハーブのオーラが優しく包む
「サーモン丸ごとオーブン焼き ハーブの香り」

サーモン丸ごと1尾をハーブと地元大宜味村産のシークワーサーでじっくりと焼いたサーモン好きにはたまらない逸品です。甘酸っぱいシークワーサーがさっぱりとした味わいを、ハーブの香りがリラックスした食の時間へと誘います。

「山原野菜と根菜のチーズフォンデュ」

美味しくても二度付けは
ご遠慮ください
「山原野菜と
根菜のチーズフォンデュ」

トマト、ブロッコリー、紅芋、サツマイモ、きのこなど、地元(やんばる)で育った採れたの野菜をトロトロのチーズをたっぷりと付けてどうぞ。自然豊かな土地「山原(やんばる)」だからこそ収穫できる、色も艶も鮮やかなやんばるの野菜です。太陽の恵みと水の恵みでパワーチャージ。

「鮪の豪快漬け丼」

マグロをこよなく愛する貴方のために「鮪の豪快漬け丼」

ディナービュッフェに新鮮な鮪が登場!鮪丼にしてもよし、刺身で食べるのもよし。トッピングにはとびっこと地元国頭産の海ブドウをご用意。好きなだけお召し上がりください。マグロ好きの皆様に。どのように食べるかはあなたしだいです。

味の極み!
「新スイーツアイランド」

「見た目にも楽しめるスイーツを」

「沖縄でも四季を感じられるスイーツを提供したい。」そんな思いを込めて食の改革に取り組んでいます。日本の四季が育んだ食材、その時々に表現される味や色、食感を大切にしています。スイーツも日々進化しています。SNSを通してスイーツが流行する時代。味だけではなく、見た目の華やかさも大切にしています。ぜひ、これまでとは違うオクマのスイーツをご堪能くださいませ。

山田義則(YOSHINORI YAMADA)

プロフィール

1968年沖縄県生まれ
1987年沖縄調理師専門学校卒業
1988年オキコ株式会社入社 スイーツ部門にてお菓子製造に携わる
1990年ホテル日航那覇グランドキャッスル 入社
ベーカリー部門にてパンやケーキをはじめとしたスイーツ作りを基礎から学び経験を積む
2016年ダブルツリーヒルトンby那覇首里城 に転籍
2018年9月オクマ プライベートビーチ&リゾート 入社
現在チーフパティシエとして腕を振るう
食の改革

プロフィール

1967年沖縄生まれ 1987年 沖縄県内の日航系列ホテルに入社、フレンチ、宴会等の料理を手掛ける。県内外のホテルを経験
2009年ホテル日航グランドキャッスル那覇レストラン料理長就任
2013年同副総料理長就任
2018年2月オクマプライベートビーチ&リゾート エクゼグティブシェフ着任、
全レストランのコンセプトを見直し、食の改革を進める。

四季はスイーツを食べて感じ取る 「新・スイーツアイランド」

  • 「新・スイーツアイランド」
  • 「新・スイーツアイランド」
  • 「新・スイーツアイランド」
  • 「新・スイーツアイランド」
  • 「新・スイーツアイランド」
  • 「新・スイーツアイランド」
  • 「新・スイーツアイランド」

ビュッフェ料理を堪能した後は、オクマが誇るスイーツアイランドへ。四季折々の季節のフルーツを使った限定スイーツ。定番のティラミスやこの秋はフランス産のマロンペーストを使ったモンブランやシークアーサーのタルト、安納芋のスイートポテトなど10種類以上のスイーツをご用意。可愛らしくデコレーションされた人気のグラススイーツは写真映えもバッチリ。見て楽しい、食べても楽しいオクマのスイーツアイランド。お好きなだけどうぞ。スイーツは別腹です。