1. ホーム
  2. ホテルインフォメーション
  3. 環境保全活動

Eco環境保全活動

ホテルでは、私たちにできる身近な
環境保全活動を行っております。

【沖縄本島北部(やんばる)の自然保護活動】としての取り組み

地球規模で深刻になりつつある「温暖化」や「環境汚染」などの問題を我々が出来る「身近」な取り組みとして始めています。

オクマエコロジーと禁煙室

2016年9月に弊ホテルのある沖縄県北部やんばる地域は、国立国定公園に指定されました。現在、2018年の世界自然遺産登録に向けて、地元行政や県を挙げて取り組んでおります。弊ホテルにおいても地球規模で深刻になりつつある「温暖化」や「環境汚染」の自然環境問題へ取組みを進めております。

取り組みの一環として、2009年4月より「全室禁煙室」として販売しております。
皆様のご理解とご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。

サンゴ礁の復元

近年地球温暖化に伴い、沖縄県のサンゴ白化が問題視されています。オクマ近海でも、10数年前から地球温暖化が原因とされるサンゴの白化現象により、多くのサンゴがダメージを受けてしまいました。
当ホテルでは、お客様のご協力により削減されたお部屋のリネン関連費用(シーツ、タオル、パジャマ等の交換不要により削減された費用)の一部を珊瑚の保全活動資金に充当しております。 2014年6月より地元国頭漁業協同組合とサンゴ復元のための業務提携を結び毎月サンゴの苗を購入し育てております。今後は、サンゴを移植しサンゴ礁の復元を目指しております。
皆様の変わらぬご理解とご協力に心より感謝申し上げます。